黒雑記2021 12/5:「マル激」公開録画に行ってきたんだが

黒雑記
スポンサーリンク

IMPALED NAZARENEの新作がバカみたくうっさくて速くてハードコアでメタルでそのまんまで最高な今日このごろ、皆様いかがお過ごしでしょうか。

そんな、日に日に寒くなる初冬の師走。
昨日12月4日、「マル激トーク・オン・ディマンド」の毎年恒例年末公開録画、というかトークライブに、ウチの高2の息子を連れて親子で参加してきましてね。

なんと当日は800人が来場。
これ収納出来んの?てくらいの長蛇の列だったのだけど、その中でも恐らくうちの息子、17歳が多分会場で一番若かったんじゃないかな。

現代日本社会の問題を議論するというトークライブ、高校生には難しいかなとも思ったけど、日々息子にはこういう現代社会の話を幾度となくしてきたし、「この日本社会が今どうなっているか」を、親のぼくより専門的に正しく詳しく面白く話が生で聞ける機会もそうないだろうということで、親子二人での参加。

当然ながら色々興味深い話が出たのだけど、なかでも個人的に印象的だったのが、質疑応答の際のこと。

19歳の若者が挙手して曰く、
「宮台さんは、ミクロ、自分の身の回りから世界を変えろ、という。
でもぼくはこれまで地方で受験のため4時間しか寝ないで勉強してきて、あとは部活で、そんなゆとりがなかった。
同じくらいの年の子供のいる宮台さんはどうやって教育しているのか。」

これに対して宮台先生、
「大学受験なんて1年もあれば結果が出せるもんだし、出せなければ才能がないと思って諦めたほうがいい、と教えてます」

成程。
つまりこれは彼を傷つけないよう遠回しな優しい言い方で
「理不尽さしかない世の中を生きるのに、たかが大学受験ごときでそんなことをのうのうとほざけるお前みたいな無菌培養モヤシバカにならないよう、たくましく育ててるわ」
と言ってるのが賢い大人なら理解出来るわけで、この一部始終を息子に見せられたのが一番の儲けだったなー、と。

日本人の劣化。
現代社会の劣化した日本人。
今や日本は、安全安心快適便利コスパ第一のバカばかり。
そういう話を2時間も生でして、その後にこういう質問が出る。
手をあげて、何の恥じらいもなく800人の前で、わざわざテメエの安全安心快適便利コスパ第一のバカっぷりを躊躇もなく晒す。
わざわざトークイベントに参加するくらいに意識が高いのに、そうなる。そういう質問をする。その自覚すらも、ない。
な?
これぞ、と。

ちなみに、彼の2つ下の息子はこれに対し「つーか受験ほど公平でルールもゴールも明確な競争なんて、世にそうないじゃん」とコメント。
流石我が子、良く育てられたりと感心しきり。

そんな2021年師走の週末でした。
ちなみにその後は、親子二人で友人がやってる焼肉屋に行って、たらふく飲み食い。
肉、めっちゃ美味かったー!

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました